芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    カテゴリ: グルメ


    六角家の破産に見た家系ラーメンの重要な岐路 -神藤氏の体調不良が・・!

    かつては家系御三家だったが・・残念ダニ

    NO.8884041
    六角家の破産に見た家系ラーメンの重要な岐路
    六角家の破産に見た家系ラーメンの重要な岐路
     9月4日、ラーメンファンを驚かせるニュースが飛び込んできた。横浜家系ラーメンの老舗「六角家」が、横浜地裁より破産手続き開始決定を受けている、と一部で報じられたのだ。

     横浜家系ラーメン。1974年創業の「吉村家」(当時は新杉田駅近く)を源流とし、その弟子や孫弟子を中心に神奈川県を中心に広がっていった豚骨醤油ラーメンだ。濃厚な豚骨スープに醤油を強めに利かせ、上には鶏油をかける。トッピングはチャーシュー、ほうれん草、ネギ、ノリ3枚がお決まりだ。

     屋号に「○○家」という店名が多かったことからファンの間で「家系(いえけい)」と呼ばれる。クセになる味とともに、麺の硬さ、油の量、味の濃さをお客の好みで調整できるのも人気だ。ファンが多く、RankinClipが2019年10月に行った「最強だと思うご当地ラーメンランキング」では博多豚骨ラーメン、札幌味噌ラーメンに続き、3位にランクインしている。

    ■六角家は「横浜家系ラーメン」を全国区にした

     「六角家」は、「吉村家」で修業し、のれん分け店「本牧家」の店長を務めていた神藤隆氏が独立して1988年に創業したお店。1994年には、世界初のフードアミューズメントパーク「新横浜ラーメン博物館」のオープンと同時に出店し、話題に。その後、カップ麺やチルド麺がコンビニにも並び、“横浜家系ラーメン”の名を全国区にした。「吉村家」「本牧家」とともに、かつては“家系御三家”と呼ばれるほどの人気を誇った。

     新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛の動きなど、外食市場を取り巻く環境の悪化が六角家の経営にダメージを与えたことは想像にかたくない。ただ、それ以前にも兆候はあった。「六角家」六角橋本店(横浜市神奈川区西神奈川)は長らくその人気を保ってきたが、近隣に「末廣家」(2013年開店)、「とらきち家」(2014年開店)がオープンした影響もあり(ともに資本系ではない)、客数が減少。2017年10月には店主・神藤氏の体調不良で閉店となっていた。



    【日時】2020年09月26日 16:01
    【ソース】東洋経済オンライン


    【六角家の破産に見た家系ラーメンの重要な岐路 -神藤氏の体調不良が・・!】の続きを読む


    インド人もビックリ、ココイチ現地1号店 評判上々。

    癖になる様な味、だって・・!

    NO.8845700
    インド人も「お代わりしたい」、ココイチ現地1号店 評判上々
    インド人も「お代わりしたい」、ココイチ現地1号店 評判上々
    日本で大人気の飲食チェーン店が、インドでのカレー販売を成功させるという輝かしい目標達成に向け、動き出している。

    「カレーハウスCoCo壱番屋(Coco Ichibanya、略称:ココイチ)」は国内外で1400を超える店舗を展開しているが、オーナーは、人口が世界で2番目に多いインドに進出し、他国の料理を味わいたい人が増えてきた中産階級の人気を得ることに意欲的だ。

    しかし、とろみのある茶色いルーと、もちもちした白米を使うCoCo壱番屋の看板カレーが、数千年かけて進化してきた多様なカレーに親しんでいるインドの人々を魅了できるのか、それはまだ分からない。

    インドに設立された合弁会社「イチバンヤ・インディア(Ichibanya India)」の副代表を務めるデベシュ・スリバスタバ(Devesh Srivastava)氏はAFPとのインタビューで、「インドカレーと競い合うつもりで進出したのではない」として、「インドカレーとはやや異なる風味豊かな日本のカレーを提供している……これまでのところ反応は上々で、リピーターもいる」と話した。

    インドの宗教の戒律と人々の好みを配慮し、牛肉と豚肉はメニューから外されている。

    フードコラムニストのカビタ・デブガン(Kavita Devgan)さんはAFPに、「初めは、非常に興味を持たれるだろう」と話し、CoCo壱番屋のカレーが「インド人の味覚に合い、なじめる味であれば、チャンスはある」と予想する。

    CoCo壱番屋のインド1号店は、8月に首都ニューデリー近郊でオープン。

    瞬く間に現地の人々の関心を集め、訪れた客たちは、タマネギやトマト、各種の国産スパイスがたっぷりのインドカレーと日本のカレーとの違いを楽しんだ。

    「とても癖になりそうな味だ」と形容したある客は、「もっともっと食べたくなる」と話した。



    【日時】2020年09月12日 18:18
    【ソース】AFPBB News
    【関連掲示板】


    【インド人もビックリ、ココイチ現地1号店 評判上々。】の続きを読む


    食べログの口コミ、チェーン店であることから「不当に下げられた」 焼き肉店が提訴 。

    もし食べログ側が不当に評価を下げたのであれば問題。みんな信用しているから・・?

    NO.8842494
    食べログの口コミ「不当に下げられた」 焼き肉店が提訴
    食べログの口コミ「不当に下げられた」 焼き肉店が提訴
    グルメサイト「食べログ」の口コミで、チェーン店であることを理由に不当に評点を下げられたとして、焼き肉店の経営会社が、食べログを運営する「カカクコム」(東京)を相手取り、約6億4千万円の賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

    第1回口頭弁論が11日あり、食べログ側は請求棄却を求めた。

    食べログ点数、店に募る不信感 単純平均ではない理由は訴えたのは、焼き肉チェーン店を首都圏などで20店舗以上経営する「韓流村(はんりゅうむら)」(東京)。

    訴状によると、すべての系列店の評点が2019年5月に平均約0・2ポイント低下し、表示順位が下がってアクセス数や売り上げが減った。

    原告の独自調査では、別の会社が運営する喫茶店や居酒屋チェーン店(44店舗)の評点も、同時期に平均約0・2ポイント下落していたという。

    原告は、食べログ側が、サイトの検索結果で目立つ場所に来るようにする「高額契約」に切り替えさせるために、評点を下げたと主張。

    「優越的な立場を利用した不当な取引だ」と訴えている。

    食べログ側は「コメントは控えるが、今後も利便性向上とサービス拡充に努める」としている。

    食べログなどグルメサイトをめぐっては、公正取引委員会が今年3月、サイトに加盟する飲食店の約3割が表示順位に不満や疑問を感じているとの調査結果を公表。

    表示順位について「透明性を確保することが望ましい」と指摘した。



    【日時】2020年09月11日 20:58
    【ソース】朝日新聞
    【関連掲示板】


    【食べログの口コミ、チェーン店であることから「不当に下げられた」 焼き肉店が提訴 。】の続きを読む


    吉野家で「裏牛丼」の販売開始! 9月8日より Twitterでは選挙も実施中。ク-ポンもらえる

    具だくさんで見た目ごちゃごちゃし過ぎ

    NO.8834043
    吉野家で「裏牛丼」の販売開始! 9月8日より「ネバとろ牛丼」「アボチー牛丼」など4種類 Twitterでは選挙も実施中

    9月8日、牛丼チェーンの吉野家に「裏牛丼」が登場した。

    肉だく+胡麻ドレッシングの「肉だく胡麻ドレ牛丼」
    お新香+玉子+つゆぬきの「おしんこ月見つゆぬき牛丼」
    納豆+オクラ+とろろ+玉子の「ネバとろ牛丼」
    アボガド+チーズの「アボチー牛丼」

    の4種類で、従業員が食べているまかないの牛丼を参考に開発したとのことである。
    早速「ネバとろ牛丼」を食べてみた。

    ご飯の上にとろろとオクラ、そして通常より甘く濃いタレの牛肉が載っており、納豆と玉子を自分で加えるスタイル。残暑の厳しい中、体によさそうなネバネバの具、おつまみとしてもおなじみのいわゆる「ばくだん」のお好きな方は是非どうぞ。
    こちらのネバとろ牛丼とアボチー牛丼は598円で、肉だく胡麻ドレ牛丼とおしんこ月見つゆぬき牛丼は519円(いずれも税別)となっている。

    また、吉野家のTwitter公式アカウントは

    あなたが食べたいのはどれ!?

    と、『裏牛丼選挙』なるアンケートを行っている。投票ツイートでクーポンがもらえるとのことなので、チェックしてみてはいかがだろうか。

    ※画像およびツイートが見れない方はコチラ
    https://getnews.jp/archives/2716508[リンク]



    【日時】2020年09月09日 11:10
    【提供】ガジェット通信
    【関連掲示板】


    【吉野家で「裏牛丼」の販売開始! 9月8日より Twitterでは選挙も実施中。ク-ポンもらえる】の続きを読む


    中国メディア、日本の「卵かけご飯」を紹介 。中国では生では絶対に食べれない。

    日本は衛生面においてしっかりしているから美味しい生卵が食べれる。

    NO.8799138
    中国メディア、日本の「卵かけご飯」を紹介 中国では不可能な味
    中国メディア、日本の「卵かけご飯」を紹介 中国では不可能な味
    日本旅行がブームになり、より多くの中国人が日本食に親しむようになった。

    日本に来たら食べてみたいものには、寿司や刺身、しゃぶしゃぶ、ラーメンなど日本らしいものが多いようだが、なかには料理と呼ぶにはシンプルすぎる「卵かけご飯」を食べてみたいという人もいるようだ。

    中国メディアの百家号は25日、日本人は生たまごが大好きだと紹介する記事を掲載し、衛生面で大丈夫なのかという疑問に答えている。

    中国では生ものを食べる習慣がほとんどない。

    そのため、キュウリでもトマトでも火を通して食べるのが普通であり、たまごも例外ではない。

    そのため、卵料理のレパートリーは非常に多く、味付けたまごからたまごチャーハン、たまごスープ、たまご焼きなど実に108種類もあると記事は伝えた。

    数え方は不明だが、一番メジャーな食べ方はゆで卵で、朝ご飯に牛乳と一緒に食べるのが最も多いとしている。

    何でも火を通して食べる中国人にとっては「たまごを生で食べる」のは考えられないことなのだろう。

    記事は、中国人に人気の日本ドラマで生たまごかけご飯を食べているシーンを見たことがあると紹介。

    シンプルに醤油だけをかけて食べていたことから、「日本人はたまごそのものの味を楽しむらしい」と伝えている。

    ただ、中国人には生食の危険性が気になるようだ。

    確かに生たまごには食中毒の危険があるが、記事はこの点、日本では流通する前にたまごをきれいに洗って消毒し、さらに生で安心して食べられる期限である賞味期限もたまご1つ1つに明記しているので安心だと紹介。

    そのため、日本のたまごなら安心だが中国では安全は保証できないとも付け加えている。

    実際に食べ比べてみると分かるが、日本のたまごは安全なだけではなく、スーパーで並んでいるパック売りの普通のたまごでもしっかりとした味わいが感じられる。

    中国で販売されている普通のたまごにはあまり味がなく、物価からしても決して安くはない。

    生たまごはその素材の味をストレートに味わえる食べ方とも言え、安心しておいしい生たまごが安く食べられる日本は恵まれているといえるだろう。



    【日時】2020年08月28日 07:12
    【ソース】サーチナ


    【中国メディア、日本の「卵かけご飯」を紹介 。中国では生では絶対に食べれない。】の続きを読む

    このページのトップヘ