芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    カテゴリ: 動物


    「猫ってこんな顔するの!?」主水ちゃんの百面相がかわいすぎる。

    可愛すぎる・・!

    NO.8863252
    「猫ってこんな顔するの!?」“表情筋のファンタジスタ”こと主水ちゃんの百面相がかわいすぎると話題
    「猫ってこんな顔するの!?」“表情筋のファンタジスタ”こと主水ちゃんの百面相がかわいすぎると話題
    キュートな“百面相”で人々を魅了し、Twitterに5.4万人ものファンを持つ、ラグドールの主水(もんど)ちゃん(4歳・♀)。

    お得意の「ニヤリ顔」を始め、「あっかんべー」や「ジト目」といった、人間さながらの多彩な表情を披露する主水ちゃんは、飼い主さんいわく“表情筋のファンタジスタ”。

    SNSに投稿されている写真を見れば、「猫ってこんなに表情豊かな生き物だったのか…」と気付かされるはずだ。

    今回は飼い主さんに話を伺いながら、主水ちゃんの表情コレクションをたっぷりとご紹介しよう。

    9月10日に4歳の誕生日を迎えたばかりの主水ちゃん。

    Twitter上では、数多くのお祝いコメントが投稿され、フォロワーと楽しむ企画「もんちゃんヤバいスクショコンテスト」が開催されるなど、主水ちゃんの愛されっぷりが垣間見えた。

    「ブルーの瞳とピンクのお鼻に魅了されました」と、ラグドール特有の美しさに惚れ、縁あって主水ちゃんをお迎えしたという飼い主さん。

    「人間っぽいところ」と「表情豊かなところ」がチャームポイントで、「家に帰るとダッシュでお迎えしてくれるときや、話し相手になってくれるときなどに、主水と暮らす喜びを感じる」と話してくれた。

    「主水は、マイペースでこだわりが強い性格です。特にごはんに関しては、気に入らないと一切口にしません。おせんべいの袋が大好きで、どんなおもちゃよりも夢中になります」おしとやかそうなゴージャスなビジュアルとは裏腹に、内面はかなり手ごわそうな主水ちゃん。

    そのマイペースすぎる性格に、飼い主さんが困らされることもしばしばあるのだとか。

    「とにかく病院が大嫌いで、毎回手を焼いています…。せっかく病院まで行ったのに、あまりにも威嚇が凄すぎて、先生に『今日は無理です。また今度にしましょう』と言われ、そのまま帰ったこともあります」そんなクセが強めな性格も、コロコロと変わる表情も、すべてが「かわいい!」と思えてしまうのが主水ちゃんのすごいところ。

    その多彩な魅力で多くの人々から愛され、今やTwitterのフォロワーは6万人目前。

    飼い主さんが手掛けるオリジナルグッズ「#もんちゃんグッズ」も猫好きの間で人気を集め、カレンダーや巾着、マスクなど、さまざまなアイテムへの展開を果たしている。



    【日時】2020年09月19日 09:05
    【ソース】Walkerplus


    【「猫ってこんな顔するの!?」主水ちゃんの百面相がかわいすぎる。】の続きを読む


    餌を催促する猫、理由が悶絶必死の可愛さと評判に

    めっちゃ!可愛い

    NO.8834543
    餌を催促しまくる猫、その理由が悶絶必死の可愛さと話題に

    image:秒刊SUNDAY

    猫と言えば、犬と二分して根強い人気を持つ動物です。また、犬と比べてクールなイメージの強い動物でもありますが、飼い主に鳴いて甘えることも少なくありません。何かしらの要求があるとき、単純に構ってほしいときなど鳴き方や理由はさまざまです。特に、エサを催促されて猫が鳴くことが多いと感じる飼い主は多いのではないでしょうか。今猫がエサの催促をする理由が可愛すぎるとSNS上で話題になっています。

    猫のエサ催促はあるある

    猫を飼っている人の多くが、エサの催促をされることを経験しているのではないかと思います。日中ならば良いですが、夜中や朝方に起こされるのは辛いと感じることもあります。

    そして、エサをあげるまで猫は大人しくなってくれません。日中や就寝前にエサをあげているのにもかかわらず、これほどエサを催促する理由は何なのか、疑問に感じる人もいるでしょう。

    その気になるエサの催促をする理由が、可愛い過ぎるとSNS上で話題になっています。

    理由は飼い主からエサをもらえることに喜びを感じるから

    SNS上に猫が頻繁にエサの催促をする理由が話題になっています。

    上記の投稿によると

    愛猫が何度もごはんを催促するときはおなかが減っているのではなく、飼い主さんからごはんをもらうことに喜びを感じているのです。

    とのことで、飼い主からエサをもらうこと自体に喜びを感じたり、狩猟本能が満たされたりするとのことです。

    エサをあげているにもかかわらず、催促するのにはこのような理由があるようです。

    また、こうした欲求を満たしつつ過食を防ぐために、「エサは小まめに、少量ずつ与えるのが良い」とのことです。

    「謎が解けた」と納得の声続々

    このSNS上の投稿には「これまでの疑問が解消した」と納得や共感の声が多数寄せられています。

    やはり何度もエサを催促されるという経験は多くの飼い主が経験をしているようです。

    ただ上記の投稿を見て「確かに生餌を出してくれるかどうかで愛情を確認している」「食欲だけではなく愛情とリンクしているのか」「あげないと確かにふて寝するもんね」など疑問が解消できた人が多いようです。

    ただ、先ほどでも触れたように健康のためにもエサは少量で、小まめに揚げるように心掛ける必要がありそうです。

    予想外の理由で体調不良になることもあるようですし、改めて猫はデリケートな生き物ということでしょう。



    【日時】2020年09月09日
    【提供】秒刊SUNDAY
    【関連掲示板】


    【餌を催促する猫、理由が悶絶必死の可愛さと評判に】の続きを読む


    「猫目線が素敵すぎる」5歳娘が全力で猫を呼んでいたらこうなった…最終的に触れ合えたか聞いた - ニュース総合掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.8819750
    「猫目線が素敵すぎる」5歳娘が全力で猫を呼んでいたらこうなった…最終的に触れ合えたか聞いた
    「猫目線が素敵すぎる」5歳娘が全力で猫を呼んでいたらこうなった…最終的に触れ合えたか聞いた
    ■全力で猫を呼ぶ子供が話題
    さまざまな愛くるしい姿を見せてくれる動物たち。

    餌をあげたり撫でたりと、かわいがりたくなる。

    しかし、そのやり取りの前には、まず動物と仲良くなる必要が…今、野良猫と仲良くなるために全力で行動する女の子の写真が、かわいいとTwitterで話題になっている。

    漫画のアシスタントをしている寺田ケンイチさん(@teradakenichi)が、このコメントと共に投稿した写真には、地面にうつ伏せになりながら、左手を伸ばして手招きしている5歳の娘さんの様子が。

    その伸ばす左手の先には、車の前で寝そべっている猫の姿が確認できる。

    この全力で野良猫を呼ぶ女の子の様子に、投稿には「猫を呼ぶのにここまで全力を尽くす子は初めて見たわ」「胸がぎゅっとするほど可愛いです」「猫目線素敵すぎる」といったコメントが並び、14万2000のいいねがつく大きな反響となった。(9月3日時点)

    なぜこのような体勢になったのか?仲良くなるには同じ目線で、とは言うが気になるのはその後。

    猫と仲良く触れ合うことはできたのだろうか?投稿者である父親の寺田ケンイチさんに話を聞いた。

    ■猫の目線に合わせるために自然と

    ■ーーこんな体勢になった経緯を教えて保育園に行く途中で、近所の猫を見つけると私が自転車を止めて、時間に余裕があれば娘に見せたり声をかけたりするのですが、毎回逃げるかなかなか寄ってこないので、当日は怖がらせないようにかなり距離を取ったのかもしれません。

    ■ーー最初から、うつ伏せの体勢で挑戦した?
    猫への声かけに夢中になり、だんだん姿勢を低くしていき、最終的に寝そべってしまいました。

    まったく猫が反応しないので、猫の目線に合わせたかったようです。

    はじめはしゃがんで声をかけていて、だんだん視線を下げていってそこから寝そべってと、呼ぶまでトータルで5分くらい、寝そべってから1〜2分くらいだと思います。

    写真は「ねこちゃーんおいでー」と言ってます。



    【日時】2020年09月04日 12:00
    【ソース】FNN


    【全力で猫を呼ぶ子供が話題に「猫目線が素敵すぎる」】の続きを読む


    怖がりの猫…体調を崩した日を境に、一緒に寝る様に・・!

    可愛すぎ~ 愛情が伝わった・・?

    NO.8805267
    人なれしていない怖がりの猫…飼い主が体調を崩した日を境に、そばにいてくれるように
    人なれしていない怖がりの猫…飼い主が体調を崩した日を境に、そばにいてくれるように
    幼い頃から飼っていた愛犬を失い失意の底にあった堂前さん。仕事をしているので、犬ではなく猫を飼うことにした。留守番のできる大人猫を探していたが、譲渡会で人なれしていない怖がりの猫に出会った。

    愛犬を失ったショックから立ち直るために

    ぽてくんは、保護団体が保健所から引き出した猫だった。譲渡会で、今の飼い主の堂前さんと出会った。

    千葉県に住む堂前さんは、2016年2月、15年間大切に飼ってきた犬を亡くした。子供の頃からずっと一緒にいたのでショックだった。

    「ペットロスではないのですがやる気が起きず、毎日一緒に寝ていたので眠れなくなりました。そんな時、知人が猫を飼ってみたらと言ってくれたんです」

    「犬は散歩があるから、仕事をしていると大変、猫なら飼える」と思った堂前さんは、譲渡会に行ってみることにした。

    人なれしていない怖がりの猫

    2016年5月のゴールデンウイーク、譲渡会場に行くと、ケージの中にいろんな猫がいた。ただ、張り紙に写真と名前が掲載されているのだが、姿の見えない猫がいた。その猫は、人見知りが激しく怖がりだったので、あまり人目につかない奥のほうにいたのだった。

    堂前さんは、その猫のことが何か気になった。スタッフは、「この子には触れません。ちょっとのぞくだけならいいですよ」と言った。

    「自分の力で心を開いてもらいたいと思いました。1歳半くらいだったのですが、仕事をしていますし、猫を飼ったことがないので子猫ではなく大人猫がよかったんです」

    初めて心を開いてくれた時

    すぐに2週間のトライアルがスタートした。名前はぽてくんにした。

    ぽてくんは、ずっとケージの中の同じ場所にしゃがんでいて、キャットフードもあまり食べなかった。ケージの隙間から猫じゃらしを入れると、シャーシャー威嚇してきた。

    「人なれしていないと聞いていたので、まずは安全な場所だと分かってもらえたらいいと思いました。それでも、話かけたら愛情が伝わるかもしれないと思い、毎日話しかけました」

    最初はちょっとでも近づくと慌てて逃げていったが、1カ月もするとお尻のほうはなでられるようになった。

    2016年の年末、堂前さんが体調を崩して横になっていると、ベッドの上に上がってきた。それが初めて心を開いてくれたと感じられた時だった。それ以来、いつの間にかベッドで寝ていたら、自分から枕元に来てゴロ



    【日時】2020年08月30日 00:00
    【ソース】まいどなニュース


    【怖がりの猫…体調を崩した日を境に、一緒に寝る様に・・!】の続きを読む


    にゃんと、Amazonボックスつめみがきが登場。

    気に入ってくれるかが問題。・・?

    NO.8805488
    にゃんと、Amazon箱の猫用つめみがきが登場だニャー
    にゃんと、Amazon箱の猫用つめみがきが登場だニャー
    とぎ心地はいかがかにゃ?

    Petzoneから猫用のAmazonボックスつめみがきが登場しました。

    これで、自宅の扉や柱の傷が少しは減る…かもしれません。

    Amazonボックスつめみがきは、おなじみのAmazonボックスの内部につめみがき素材が敷き詰めてあります。

    このつめみがき部分は両面が使えるので、経済的。

    さらに、みがきカスも飛び散りにくい形状となっています。

    つめみがきに埋め込む「じゃらし」も別売で登場。

    おなじみのアマゾンのマークが刻印されており、これで猫ちゃんをつめみがきへと誘導できる寸法です。

    Amazonボックスつめみがきの価格は1,720円で、じゃらしは640円。

    どちらも9月5日から販売が開始されます。

    あとは、我が家の猫ちゃんがこのAmazonボックスを気に入ってくれるといいのですが…。



    【日時】2020年08月29日 11:00
    【ソース】ギズモード・ジャパン
    【関連掲示板】


    【にゃんと、Amazonボックスつめみがきが登場。】の続きを読む

    このページのトップヘ